シグマインベストメント スクール

初めての方からプロの手法を学びたい方までシグマ個人投資家スクール


menu

title

【受講料】 16,200円(税込)

【日本FP協会継続教育対象講座】
 課目:金融資産運用設計 認定単位数:AFP:7.5/CFP:11.0

「テクニカル分析 中級コース」の特長

  • チャートの真髄をお教えします。
  • 株式投資を始めたがチャートの意味を知らない初心者から、改めてチャートの活用を考えたいベテランまで、満足いただける内容です。
  • オリジナルテキストと修了テストにより、マイペースで確実にスキルを習得できます。

こんな方におすすめ

  • 初心者から投資経験が豊富なベテランまで

カリキュラム

第1部 復習・ローソク足

・テクニカル
・テクニカル分析と効率的市場
・チャートとは?
・ローソク足の形状と意味
・ローソク足の組み合わせ

第2部 トレンド・移動平均線・パラボリクスSAR

・トレンド(方向)の判断
・トレンド・ライン
・2通りの保ち合い
・移動平均線
・移動平均線のクロス
・乖離率と乖離度
・パラボリック・タイム・プライス

第3部 ボリンジャーバンド・ストキャスティクス・MACD・RSI

・ボリンジャーバンド
・ストキャスティクス
・MACD
・RSI

第4部 一目均衡表

・一目均衡表
・一目均衡表の特徴
・「三役好転」と「三役逆転」
・時間論
・対波動論
・水準論

第5部 出来高分析・総括

・出来高分析
・ボリュームレシオ
・逆ウォッチ曲線
・総括 =検証=
・総括 =テクニカル指標の複合=

サービス内容

提供方法 eラーニングプログラム
※テキストは、PDF形式でダウンロードしていただきます。
受講期間 1か月(標準学習期間:1か月、在籍期間:1か月)
※在籍期間とは、ログイン可能な期間を表します。
教材構成 テキスト   1冊(PDF形式)
修了テスト  1回分

テキストサンプル (PDF)

修了基準 期限内にテストを受験し、70点以上取得すること。
※受講期間内であれば繰返し受験可

eラーニングシステムの動作環境

受講料

16,200 円(税込)

FP資格をお持ちの方へ

お申し込みフォームにお持ちの資格(AFP資格/CFP資格)をご入力ください。

種類 通信教育
課目 金融資産運用設計
認定単位数 AFP:7.5/CFP:11.0
添削回数 1回
その他 期限内にテストを受験し、70点以上取得すること。
※受講期間内であれば繰返し受験可

受講生の声

  • 今まで闇雲に投資しておりましたが本講座を受講して、もっと早く、このような講座を受けていればと思いました。
  • 受講して本当に良かったと思います。今までは,RSIと移動平均線しかわかりませんでしたが、いろんな羅針盤があることを知りました、本当に有難うございます。市販されている本よりもこのテキストは非常にわかりやすかったです。

お申し込み方法

WEB申込

下記申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
(お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

テクニカル分析 中級コース 
お申込み

お問合せ

本サービスに関するお問い合わせは、画面上部の「お問い合わせ」からどうぞ。
※入力欄にサービス名をご記入いただき、ご質問内容をご入力ください。

免責事項

本講座において、特定の商品や株式における個別銘柄、業種などの推奨は行なっておりません。したがって、株式や債券等の個別銘柄に関するお問い合わせや、株式市場の方向感、政治情勢に関するコメントなど、株式その他の投資の判断に影響を及ぼすと思われるものについてのお問い合わせに関しまして、一切お受けいたしません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。

リスク等について

【株式・債券】
価格変動リスク:株価、債券価格、金利等の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、株式・債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。一方、債券によっては、期限前に償還されることがあり、これによって投資元本を割り込むことがあります。

流動性リスク:市場環境の変化、株式・債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たすなど、換金できないことにより、投資元本を割り込むことがあります。

【信用取引等】
信用取引、外国為替証拠金取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、価格や流動性の変動により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。