個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

●日本FP協会 継続教育対象講座● 債券の基礎から実務まで、誰もが知っておきたい内容を2時間で!
 【eラーニング】2時間で分かる 債券の基礎コース

PR

金融エンジニアリング キーワード解説

パワー・リバース・デュアル・カレンシー債

パワー・リバース・デュアル・カレンシー(power reverse dual currency)債とは、払込金と償還元本は円貨建てで、クーポンが「外貨金利 X %-円貨金利 Y %」となる仕組み債である。略称でPRDC債とも呼ばれる。

リバース・デュアル・カレンシー債にクーポン・スワップでさらにレバレッジをかけた商品であり、クーポンの表示が円建てで「Z % × F1 ÷ F0 - Y %(F1:利払い時為替レート、F0:適用為替レート)」となる場合も多い。

クーポンが引き算の形をしているので、利払い時の為替レートが極端に円高になるとクーポンがマイナスということがありうるが、それを防ぐために「クーポンはゼロ以上」という条件がつく場合もある。例えば、次のような商品条件となる。

額面金額 100円
償還金額 100円
クーポン 15% × F1 ÷ F0 - 9%
 ・F1 : 利払い時為替レート
 ・F2 : 102円/米ドル(適用為替レート)
 ・クーポンはゼロ以上
発行日 2X01年5月10日
償還日 2X13年5月10日
利払日 毎年5月10日 (年1回)

円安が進めば円ベースでの受け取りクーポンが増えるが、円高が進むと円ベースでの受け取りクーポンが減ってしまう。上記商品の場合、15%×F1÷102-9%=0、すなわち F1=61.2円/米ドルの時にちょうどクーポンがゼロとなってしまう。

関連項目
  リバース・デュアル・カレンシー債

「金融エンジニアリング キーワード解説」一覧にもどる

著作権・免責事項

  • 「やさしい金融エンジニアリング講座」(以下、本解説集)の文章、図表などの著作権は、シグマベイスキャピタル株式会社に帰属しますので、複製・転載・引用・配布などは一切禁止します。
  • 本解説集の利用により生じた損害はいかなる理由であれ、一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。
  • 本解説集は、予告なしに内容が変更・削除等されることがあります。
  • 内容に対するご質問にはお答えすることはできませんので、ご了承下さい。

●日本FP協会 継続教育対象講座●  企業価値・ROE重視時代の株式投資に必要な企業分析を学ぶ!
 【eラーニング】ファンダメンタル分析 初級コース

PR