個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

●日本FP協会 継続教育対象講座● 
金融機関に頼られるシグマだからこそ、証券外務員の最短攻略法がここに!
 【eラーニング】一種外務員 最短合格コース

PR

金融エンジニアリング キーワード解説

債券の利回り

債券は「有価証券」であり、基本的に途中売却は自由である。多くの利付債はクーポンレートが常に一定の固定利付債であるから、発行時は100円で発行されても、その後の金利環境の変化などによって100円での流通は難しくなる。よって、いわゆる既発債の価格はまちまちであり、100円未満のものも100円から大幅にプラスになっているものも存在する。

債券のこのような性質を考えるとき、債券投資においては「クーポンが高いが価格も高い債券」と「クーポンは低いが価格も安い債券」のどちらに投資すべきか、といった問題が常に生ずる。つまり、債券投資の収益性はクーポンの高低だけでも価格の高低だけでも測ることはできず、これらを総合して判断する必要があるわけである。この判断を可能にする指標が債券の「利回り」である。

債券の利回りには単利利回りと複利利回りがある。単利利回りの計算式を示すと以下のようになる。

   

式を見ればわかるように、この式で計算しているものは、「1年あたりの投資利益」の投資金額(すなわち債券価格)に対する比率である。

関連項目
  債券の複利利回り

「金融エンジニアリング キーワード解説」一覧にもどる

著作権・免責事項

  • 「やさしい金融エンジニアリング講座」(以下、本解説集)の文章、図表などの著作権は、シグマベイスキャピタル株式会社に帰属しますので、複製・転載・引用・配布などは一切禁止します。
  • 本解説集の利用により生じた損害はいかなる理由であれ、一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。
  • 本解説集は、予告なしに内容が変更・削除等されることがあります。
  • 内容に対するご質問にはお答えすることはできませんので、ご了承下さい。

●日本FP協会 継続教育対象講座●  難しい数式を使わずに、日経225オプション取引の基本がわかる
 【eラーニング】日経225オプション・トレーディング 初級コース

PR