個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

世界潮流アップデート

世界を読む力、考える力のレベルアップに!

  購読期間:1年間  購読料:21,600円(税込)

特長

日本のメディアの海外情報だけでは世界経済・国際金融の生の姿は見えません。

「世界潮流アップデート」は、Financial Times, New York Times, Economist, Foreign Affairs など欧米メディアや日本の論壇誌、専門誌から、海外企業や国際金融市場、内外の政治経済など幅広くトピックスを選んで、毎週マネタリー・アフェアーズの倉都編集人が独自の解説を行うユニークなニューズ・レターです。忙しくて海外メディアにまでは手が届かない多忙なビジネスマンにピッタリのレポートです。

毎週金曜日に、メールによるPDF配信を行います。(毎号A4で約17ページ)

世界の金融経済環境を常に把握し、それに対する自分の考えを持つ。

金融人であれば誰もがそうありたいとは思うものの、実際にできる人はおそらくわずかでしょう。しかし、信頼できる博識のガイドがいて、手伝ってくれたらどうでしょうか?

  • 海外の主要メディアが報じる金融・経済関連のトピックスを、日本のメディアが報じない話題もカバーしたうえでピックアップし、
  • バイアスのかからない中立公正な視点で分析、
  • 重要な金融・経済ニュースの裏側に潜む盲点をあぶり出し、
  • 豊かな歴史観と、資本市場での実務経験に裏打ちされたプロのとしての意見を添えて、
  • 毎週末ごとに日本語で丁寧に教えてくれたなら・・・

「世界潮流アップデート」を読むことによって、このような理想的な環境を手に入れることが出来ます。

レポート内容

image

各種英語講座で英文メディアを読みこなす力を日々蓄える一方で、磨いていただきたいのが「世界を読む力」。

海外の金融・経済トピックスを経験豊かな編集人・倉都氏が日本語で解説・批評する、この週刊ニューズ・レターは、世界の動きを大局的に把握するための最適なガイドとなります。日本語でしっかり理解することでご自身の考えをまとめ、意見のレベルアップをはかることができます。

 サンプル (PDF)

提供方法 毎週1回(金曜日)、メールによる PDF 配信。
契約期間 1年間(配信回数は、48回です)

レポート構成

1. 今週のワールド・ウォッチ

各国市場データ

2. 海外企業・市場のアップデート

為替、各国国債、社債、株式、石油、派生商品市場や海外企業・産業におけるトピックスを紹介するとともに 編集人が批評を加えます。

3. 国際政治経済のアップデート

欧米に限定せず、現代の国際経済・国際金融動向に欠かせない中国、ロシア、インド、中東、中南米、そして中東欧などの政治・経済トピックスを選び出し編集人が論考を行います。

4. 論壇誌等より注目トピックス

日欧米の主要論壇誌から金融や経済に近い論説を採り上げ、編集人が論説を試みます。

5. ファイナンシャル・カレイドスコープ

編集人紹介

倉都 康行 (くらつ やすゆき)

講師写真

リサーチアンドプライシングテクノロジー株式会社(RPテック) 代表取締役

国際金融評論家。RPテック株式会社代表取締役、産業ファンド投資法人執行役員、セントラル短資FX監査役などを兼務。日経ヴェリタスや日経ビジネス・オンラインなどに金融評論を定期的に執筆中。

1955年鳥取生まれ、東京大学経済学部卒。東京銀行で東京、ロンドン、香港に勤務、デリバティブズ、新商品開発、リスク管理など国際金融市場全般に携わる。バンカース・トラスト、チェース・マンハッタンのマネージングディレクター、チェース証券会社取締役東京代表などを経て2001年4月にRPテックを設立して独立。2001年3月までNHK「マネーワールド」レギュラーコメンテーター、2005年3月まで中央大学経済学研究科大学院客員教授を務める。

日本金融学会会員。預金保険機構の優先株等処分価格委員会委員。

主な著書
「相場を科学する」講談社ブルーバックス、「金融工学講座」PHP研究所、「金融市場は謎だらけ」 日経BP社、「金融史がわかれば世界がわかる」筑摩書房、「金融VS.国家」筑摩書房、「投資銀行バブルの終焉」 日経BP社、「予見された経済危機」日経BP社

お客様の声

  • 毎週の週末にいつも2時間ほどかけて世界潮流を読んで頭の整理をしています。時々わからないこともあるのですが、上司からとにかく徹底的に読んでみなさいと言われて毎週奮闘しています。(邦銀勤務)
  • 外資系に勤める私にとって、英語は必要不可欠。言葉はある程度海外で生活すれば身に付きます。けれど、物事の認識、分析、判断などは若いときから意識して行うべきだと思います。管理職となり、外国人の部下を持つ身になって海外情報に関してもあらためて自分なりの哲学をもたなくてはいけない、と痛感しています。倉都さんの文章と分析にはいつもすっきりした思いになります。(外資系証券勤務)
  • 英文メディアには慣れていますが、多忙な日々の中で情報収集の時間を捻出するのはなかなか難しい。そこで「世界潮流アップデート」をその週のサマリーと位置づけて読み、特に関心を持ったり調べる必要があるトピックは、原文記事や関連記事を読み込むようにしています。情報の取捨選択、網羅性など信頼できる媒体だからこそ可能。とても効率的で、他の人にも薦めたい情報収集の方法です。(プロトレーダー)

購読料

1年契約 21,600 円(税込)

※法人・団体のお申込の場合は、購読される方の範囲や想定人数に基づき、契約時に購読料を設定させていただきます。

お申し込み方法

WEB申込

下記申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
(お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

【ご注意】
レポート配信先アドレスは、お申し込みの方のメールアドレスとなります。
他のアドレスへの配信をご希望の場合は、「備考」欄に配信先アドレスをご記入ください。

世界潮流アップデート お申込み

FAX申込(法人・団体のお客様)

下記ボタンより申込用紙をダウンロードし、ご記入の上、弊社までFAXしてください。
FAX番号:03-3665-8192

申込書ダウンロード (PDF)

よくある質問

お客様からの「世界潮流アップデート」に関する質問をまとめました。

Q  ニューズ・レターの配信のタイミングを教えてください。

A  原則として毎週金曜日が発行日になります。金曜日の午後1時前後には配信されますので、週末を利用して1週間の「世界経済・国際金融のレビュー」をすることができます。

Q  契約期間と配信スケジュールについて教えてください。

A  年間購読制です。契約期間は、お客様からお申し込みいただいた日を開始日とした1年間となります。

例: 2015年1月26日(月)にお申し込みの場合の期間終了日 → 2016年1月25日(月)
「世界潮流アップデート」は毎週金曜日配信のため、上記例だと最初の配信は2015年1月30日(金)、最後の配信は2016年1月22日(金)となります。

Q  法人あるいは団体での申し込み方法について教えてください。

A  法人・団体のお客様用申し込み用紙をお送りいただいた後、お電話またはメールにて、購読される方の範囲や想定人数をお伺いします。 そのうえで、契約内容を決定させていただきます。

・閲覧者範囲の確認等を含む契約書の締結が必要となります。
・閲覧者想定人数に基づいて、購読料金を設定させていただきます。

詳細につきましては担当者よりご説明させていただきます。

Q  解約方法について教えてください。

A  契約期間終了月の約2ヶ月前から、更新のご案内を登録メールアドレスにお送りしてお知らせしております。更新を希望されない方は、案内メールにご返信する形でお知らせいただくか、弊社までご連絡ください。

Q  購読途中で解約することは可能ですか?

A  原則として中途解約は受け付けておりません。予めご了承ください。

Q  受信しているメールアドレスを変更したいのですが・・・

A  弊社宛てに、下記項目をご明記のうえ、その旨ご連絡ください。

・お名前
・変更前のメールアドレス
・変更後のメールアドレス

問い合わせ先:シグマベイスキャピタル株式会社 教育開発部(crpdsbc@sigmabase.co.jp)

お問い合わせ

本講座に関するお問い合わせは、画面上部の「お問い合わせ」からどうぞ。
入力欄に「世界潮流アップデート」とご記入いただき、ご質問内容をご入力ください。