個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

講師・研究員紹介

砂川 伸幸
京都大学経営管理大学院教授、(株)船井総研ホールディングス社外取締役

新日本証券(現みずほ証券)、神戸大学助手、助教授を経て、2016年4月より現職。博士(経営学)。日本ファイナンス学会理事、日本証券アナリスト協会試験委員、上場企業の独立委員、企業研修の講師などをつとめる。主な著書は「はじめての企業価値評価」(2015年、日経文庫、共著)「日本企業のコーポレートファイナンス」(2008年、日本経済新聞出版社、共著)、「コーポレート・ファイナンス入門」(日経文庫)。国内外に多数の論文を発表。

主な担当講座

猪田 義浩
シグマベイスキャピタル株式会社 特別研究員

inoda 1987年東京理科大学理学部応用数学科卒。同年日本債券信用銀行入行。入行当初からオプションチームに配属され、為替、株、金利と様々なデリバティブのインターバンク取引に従事。米国スタンフォード大学統計学科修士課程修了後、証券会社、スワップハウスなどでデリバティブのチーフトレーダーを経て、2008年より当社研究開発部主任研究員。2014年より現職。

主な担当講座

内田 芳樹
MDPビジネスアドバイザリー株式会社代表取締役、ニューヨーク州弁護士
前KPMGビジネスアシュアランス株式会社COO

東京銀行入行。営業企画部法務室、ニューヨーク支店法務室、本店財務開発部M&A(1990・1991年度 No.1 M&Aプレーヤー)、ロスアンゼルス支店、ユニオン銀行(加州)、東京三菱銀行コンプライアンス室等を経験。その後 Arthur Andersen Tax, Legal, Business Advisory Director、KPMGビジネスアシュアランス(株)LRM事業部統括COO、KPMG Legal(日本)代表兼務後、KPMGよりLegalビジネスアドバイザリー部門を分離・独立、MDPビジネスアドバイザリー株式会社を設立。
早稲田大学大学院法学研究課卒(法学修士)、ジョージワシントン大学法学部卒(比較法学修士)、ジョージタウン大学法学部卒(法学修士)

主な担当講座

菅野 正泰
日本大学商学部 教授

1989年:早稲田大学理工学部卒業後、農林中央金庫入庫。国際業務、金融技術業務、IT業務等に従事
2001年:現新日本有限監査法人アーンスト・アンド・ヤングに移籍し、ファイナンシャル・リスクマネジメント・アドバイザリー業務等に従事。
2003年:一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了、金融戦略MBA
2006年:京都大学大学院経済学研究科ファイナンス工学講座博士後期課程修了、博士(経済学)
2009年:神奈川大学経営学部准教授(ファイナンス)
2016年:日本大学商学部 教授
著書に、『信用リスク評価の実務』(中央経済社)、『入門 金融リスク資本と統合リスク管理』(金融財政事情研究会)、『リスクマネジメント』(ミネルヴァ書房)等がある。

主な担当講座

古宇田 義規
日興アセットマネジメント株式会社 コンサルタント・リレーション部長

東京大学経済学部卒、INSEAD(欧州経営大学院)のMBA課程修了。
日本債券信用銀行において、証券投資、デリバティブ、リスク管理を広く経験。その後、資産運用業界に転じて20 年の経験を持つ。この間、グルーバル・コンサルティング会社のラッセル、マーサーにて運用コンサルタントを経験、米系の資産運用会社のシティグループ・アセットマネジメント、JP モルガン・アセット・マネジメントでは、顧客リレーション、コンサルタント対応、商品企画等、幅広くカバー。現在は日興アセットマネジメントに所属。
CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員、CFP 認定者

主な担当講座

小林 武
名古屋商科大学経済学部・同大学院マネジメント研究科 教授

1968年生。慶應義塾大学商学部卒。ファイナンス修士(フランスグランゼコールHEC経営大学院)。博士(経営学、筑波大学大学院ビジネス科学研究科)。
20年以上にわたり、東京銀行、格付投資情報センター、バークレイズ・グローバル・インベスターズ、三菱UFJモルガンスタンレー証券、NSフィナンシャルマネジメントコンサルティング(新日鉄住金ソリューションズ子会社)にて企業評価、資産運用、リサーチ業務等に従事。2014年より名古屋商科大学および大学院にてファイナンスおよび経済学の講義を担当。研究分野は資産価格評価モデル、応用計量経済学

主な担当講座

高橋 豊治
中央大学商学部 教授

1981年横浜市立大学商学部経済学科卒業。1988年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。
青山学院大学講師、千葉経済大学専任講師、シグマベイスキャピタル株式会社取締役研究開発部長、高千穂大学商学部教授を経て現職。

主な担当講座

建宮 努
第一工業大学 准教授

博士(総合社会文化)/修士(国際情報)/中小企業診断士/国際会計検定BATICコントローラーレベル/FP技能士2級。ビジネスマネージャー検定合格。日本経営診断学会正会員、日本国際情報学会正会員、人材育成学会正会員、日本経営分析学会正会員。著書多数。

主な担当講座

田渕 直也
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー

tabuchi 株式会社ミリタス・フィナンシャル・コンサルティング代表取締役社長/金融アナリスト
1963年生まれ。1985年一橋大学経済学部卒。同年、日本長期信用銀行入行。デリバティブ・ディーリング、商品開発業務に従事後、同行海外証券子会社である長銀インターナショナル(ロンドン)に出向し、デリバティブ・ディーリングデスクのチーフ歴任。
その後、UFJパートナーズ投信(現三菱UFJ投信)のファンドマネージャーとして、運用業務に従事後、株式会社ミリタス・フィナンシャル・コンサルティング設立、現在に至る。金融関連の啓蒙書、評論多数。

主な担当講座

徳勝 礼子
BNPパリバ証券株式会社 レラティブバリュー・ストラテジスト

東京大学経済学部卒業、シカゴ大学統計MBA。
ソロモン・ブラザーズでトレーディング部のクオンツ・サポートに携わった後、ドイツ証券などで金利ストラテジーを研究・推奨。その後、バークレーズ証券でクオンツ・金利ストラテジー担当を経て現職。CFA協会認定証券アナリスト。
著書に『マイナス金利-ハイパー・インフレよりも怖い日本経済の末路』(東洋経済新報社)等がある。

主な担当講座

富安 弘毅
モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社 債券統括本部フロントリスクオフィサー

一橋大学で国際金融、同大学院国際企業戦略研究科で金融工学を専攻。米国UCLAアンダーソンスクールにてMBAを取得。
日米の金融機関で23年以上にわたりリスク管理業務に携わり、現在はモルガン・スタンレーMUFG証券株式会社債券統括本部フロントリスクオフィサーを務める。
主な著書に『カウンターパーティーリスクマネジメント』(金融財政事情研究会)、『ファイナンス計量分析入門』(東洋経済新報社、共著)、『リスクマネジメントの本質』(共立出版、共訳)、『信用リスクモデル入門』(東洋経済新報社、共訳)がある。

主な担当講座

畠田 敬
神戸大学大学院経営学研究科准教授

流通科学大学商学部専任講師、日本大学経済学部助教授を経て、2005年4月より神戸大学大学院経営学研究科准教授。博士(経済学・大阪大学)。所属学会は、日本経済学会、日本ファイナンス学会、日本金融学会。
主要論文「日本における配当の硬直性」(2013年、国民経済雑誌)、“Factors influencing corporate environmental protection activities for greenhouse gas emission reductions: The relationship between environmental and financial performance", (2012年、Environmental and Resource Economics、共著)等。

主な担当講座

平山 裕康
カナダロイヤル銀行東京支店 外国為替部長

1991年東京大学工学部金属工学科卒業。同年日本債券信用銀行入行。オプショントレーディング業務に携わる。1997年よりドイツ銀行東京支店外国為替部ディレクターとしてオプションセールス業務を担当。その後BNPパリバ銀行東京支店市場営業部長などを歴任。日本証券アナリスト協会検定会員。

主な担当講座

尾藤 剛
日本リスク・データ・バンク株式会社 取締役常務執行役員

東京大学法学部卒。あさひ銀行(現りそな銀行)を経て、2003年日本リスク・データ・バンク入社。現在、同社取締役常務執行役員、データベース統括部長としてデータベース運営、およびプロダクト管理に従事。日本証券アナリスト協会検定会員。
主な著書に『ゼロからはじめる信用リスク管理-銀行融資のリスク評価と内部格付制度の基礎知識』(2011年、きんざい、共著)、『プライムレート革命-脱「貸し渋り」の金融システム』(2009年、きんざい、共著)などがある。

主な担当講座

藤井 保紀
静岡産業大学特任教授、中外製薬監査役

一橋大学卒業後、日本長期信用銀行入行。同行取締役ロンドン支店長、熊谷組専務取締役海外本部長を経て、現職。
ペンシルベニア大学大学院で経済学修士、千葉大学大学院で経営学博士。米国公認会計士。
日本会計研究学会正会員、前アメリカ会計学会(AAA)正会員。
著書に『IFRSの衝撃』(日経BP社)、『会計ビッグバンとコーポレートガバナンス』(シグマベイスキャピタル)、『グローバル社会の会計学』(共著、森山書店)など。

主な担当講座

藤田 康範
シグマベイスキャピタル株式会社 研究開発部 特別研究員
慶応義塾大学経済学部教授

慶応義塾大学経済学部卒業。最終取得学位、工学博士(東京大学)。2010年4月より慶応義塾大学経済学部教授。
2008年、当社研究開発部特別研究員に就任。

主な担当講座

牧本 直樹
筑波大学ビジネスサイエンス系教授

1987年東京工業大学理学部卒業。1992年東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了。博士(理学)。
東京工業大学理学部助手、同講師、筑波大学助教授を経て現職。

主な担当講座

村上 秀記
横浜国立大学 成長戦略研究センター客員教授、経済学博士

元メリルリンチ証券マネージング・ディレクター、19年にわたる金利・為替デリバティブトレーダー、ストラクチャリングの経験を経て現職。
1987年 横浜国立大学経済学部卒業。
一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了。
横浜国立大学国際社会科学研究科博士課程修了。

主な担当講座

山下 智志
総合研究大学院大学統計数理研究所教授

1989年京都大学工学研究科修了。安田信託銀行投資研究部、熊本大学工学部助手、統計数理研究所助手、助教授を経て、2011年より現職。 博士(工学)。この間、マサチューセッツ工科大学客員准教授、金融庁金融研究研修センター特別研究員を兼任。金融リスクの計量化を専攻。
主要著書は「経営科学とコンピュータ」(1996 共立出版)、「市場リスクとVaR」(2000 朝倉書店)、「信用リスクモデルの予測精度」(2011 朝倉書店)など。

主な担当講座

山田 雄二
筑波大学ビジネスサイエンス系教授

1998年東京工業大学大学院総合理工学研究科博士後期課程修了。
博士(工学)。日本学術振興会特別研究員、カリフォルニア工科大学ポスドク研究員、筑波大学大学院ビジネス科学研究科助教授、同准教授を経て、2013年より現職。

主な担当講座

松川 忠
パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 債券運用部長

1985年上智大学外国語学部卒。同年日本債券信用銀行入行。内外金利・債券ディーリング、債券ファンドマネジメント、クレジット審査などに従事。
2002年に退社。GEエジソン生命、AIGインベストメンツなどを経て現職。
日本証券アナリスト協会検定会員

主な担当講座

青木 茂幸
東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役

銀行、各種金融商品取引業、保険会社など国内外350社を超える金融機関、事業法人、官公庁等に対する規制対応アドバイザリーサービス、内部統制・コンプライアンス態勢整備、リスク管理態勢整備、内部監査支援サービスを統括。東京大学法学部卒。三菱信託銀行、経済企画庁等を経て現職。日本内部監査協会金融内部監査士試験委員等を歴任。第二地方銀行協会・日本証券業協会・東京証券取引所等での講演多数。

主な担当講座

荒崎 秀一
シグマベイスキャピタル株式会社 取締役総務経理部長兼事業開発部長

arasaki 1998年早稲田大学大学院理工学研究科修了。情報科学専攻。同年富士通株式会社に入社。システム開発技術や金融機関システム開発に従事。その後、株式会社フィスコにて金融データベース、オンラインショップシステム、金融情報配信システムの構築および運営等に従事。2011年、シグマベイスキャピタル入社。研究開発部主任研究員兼新規事業開発室長を経て、2015年より現職。
データベーススペシャリスト。ネットワークスペシャリスト。ファイナンシャルプランナー。

糸田 真吾
シグマベイスキャピタル株式会社 客員研究員

1994年:東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業
1994年~2009年:JPモルガン証券やUBS証券等の欧米の金融機関で、CDSや証券化商品の組成・販売に従事
2008年~2009年:明治大学商学部にて金融特殊講義担当
2009年~2011年:日本銀行金融市場局にてクレジット市場のモニタリング担当
著書として、『クレジット・デリバティブのすべて』(共著、財経詳報社、2007年)、『ビッグバン後のクレジット・デリバティブ』(共著、財経詳報社、2010年)

乾 晴彦
シグマベイスキャピタル株式会社 特別研究員

CFP・1級FP技能士
1956年生まれ。長年金融機関に勤務し富裕層向けコンサルティング業務を担当する。その後、大手証券会社の人材開発部で、FP・生命保険の教育責任者として社内講師を務める。2005年に独立。現在は、金融機関、不動産会社、税理士会、上場企業、FPの教育機関で主に預かり資産及び富裕層向けの研修講師として活躍している。

主な担当講座

岡田 啓二
シグマベイスキャピタル株式会社 取締役スクール企画部長

okada 1985年帯広畜産大学畜産学部卒、横浜国立大学国際開発研究科博士課程中退。
TAC、LECの法人/ライセンス事業部にて、ファイナンス、経済、統計等の金融機関・中央官庁向け研修や、証券アナリスト、公認会計士、CFA、アクチュアリー、統計学検定等の高度金融資格対策講座の講師・教材制作・企画・統括管理を経て、2015年、シグマベイスキャピタル株式会社に入社、現在に至る。
証券アナリスト協会検定会員。

久原 正治
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー

kuhara 昭和47年 慶應義塾大学 経済学部卒業、同年 日本長期信用銀行入行、国際金融分野に従事、カリフォルニア大学バークレー校大学院留学、シカゴ支店長等歴任。
平成11年 立命館大学 経営学部 教授、平成13年 立命館アジア太平洋大学 大学院経営管理研究科副研究科長 教授、平成14年 立命館大学 経営学博士、平成19年 九州大学大学院 経済学研究院 教授、平成25年 昭和女子大学 グローバルビジネス学部長 教授、平成28年 久留米大学理事(学事担当)
この間、デポール大学経営大学院(シカゴ)、シンガポールマネジメント大学、ソフィア総合経済大学大学院客員教授、ソニー大学、大和(証券)マネジメントスクール講師を歴任。
専門:経営学(日米比較経営)

清水 正俊
シグマベイスキャピタル株式会社 代表取締役社長
シグマインベストメントスクール 学長、シグマ個人投資家スクール 学長

shimizu 1947年生まれ。1972年一橋大学商学部卒。卒業と同時に日本長期信用銀行入行。預金業務、融資業務、業務推進本部に従事後、1982年外国為替カスタマーチーフディーラー、1984年ドル円スポットチーフディーラー就任。1988年デリバティブチーフディーラー就任。同時に、同行のグリニッチキャピタルマーケット社(米国コネティカット州)買収並びにプライマリーディーラーとしての業務拡大に従事。1990年同行退職。
退職と同時に、シグマベイスキャピタル株式会社設立、シグマインベストメントスクールを開校し現在に至る。「ブーメラン投資戦法」を考案。
啓蒙書として、「先物・オプション時代の幕開け」(有斐閣)、「スワップ取引」(有斐閣)、「デリバティブ世界を散歩する」(シグマベイスキャピタル)、専門書として、「スワップの価格はこうして決まる」(シグマベイスキャピタル)、「通貨オプション取引」(金融財政事情研究会)、「株式オプション」(金融財政事情研究会)等多数あり。

主な担当講座

清水 俊介
シグマベイスキャピタル株式会社 スクール企画部 主席研究員

shunsuke_shimizu 2006年芝浦工業大学大学院工学研究科修了。同年、YKK AP に入社し、技術開発業務に従事。2007年、シグマベイスキャピタル株式会社に入社。研究開発部主任研究員/研修プランナーを経て現職。
日本証券アナリスト協会検定会員。

本田 昭彦
シグマベイスキャピタル株式会社 スクール企画部 主席研究員

honda 1988年一橋大学経済学部卒、1990年同大学院経済学研究科修士課程卒業。卒業と同時に、米国ノースウエスタン大学大学院留学。同大学院経済学修士課程並びに博士課程修了。1999年、一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。1999年国立社会保障・人口問題研究所に客員研究員として入所。その後、LEC、LEC 大学、TAC にて公認会計士試験、公務員試験、証券アナリスト資格試験対策講座、社会人向け研修等の企画・講師・教材制作を経て、2017年、シグマベイスキャピタル株式会社に入社、現在に至る。
テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)、テクニカルエンジニア(ネットワーク)

松浦 剛志
有限会社ウィルミッツ 代表取締役

京都大学経済学部卒。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)審査部にて企業再建を担当。その後、グロービス(ビジネス教育、ベンチャー・キャピタル、人材事業)にてグループ全体の会計・人事・総務の統括、アントレピア(ベンチャー・キャピタル)にて投資先子会社の社外取締役などに従事する。
2002年、戦略、会計・財務、人事を中心とするコンサルティングファーム、ウィルミッツを創業。2006年、BPRコンサルティングをウィルミッツから分社化し、プロセス・ラボを創業。現在は2社の代表取締役を務める傍ら、研修講師としてビジネスパーソンのスキル向上を支援している。
講師分野:経営戦略、会計・財務、予算・目標策定

主な担当講座

村井 将
大和証券株式会社 ストラクチャード・プロダクト部次長

横浜国立大学経営学部卒業後、信託銀行を経て平成17年に大和証券に入社し、デリバティブの企画業務を担当。2013年より現職。現在クレジット関連の仕組み商品の組成を担当。
日本証券アナリスト協会検定会員。

米倉 昌克
シグマベイスキャピタル特別客員研究員、サイト「数理ファイナンス」運営者

1978年名古屋大学経済学部卒業。同年、野村証券入社。以降野村コンピュータ、NRI データサービスなど野村グループ関連会社に在籍。金融関連システムに従事。2006年野村総合研究所退社。
2006年早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。専門職MBA。同年より金融工学サイト「数理ファイナンス」を運営。現在に至る。

脇屋 勉
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー

tamaki 1972年一橋大学商学部卒。卒業と同時に日本長期信用銀行入行。
外国為替ディーラー(国際資金証券部)、国際企画部等を経て1994年長銀ソウル支店長就任。1999年整理回収機構総務室長。その後、国際規格研究所代表取締役社長等を経て、2017年シグマベイスキャピタルフェロー就任、現在に至る。英検1級。

(全て敬称略)