個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

【第106期】「研究科」金利モデルコース

マルチンゲール・アプローチによる「金利モデルコース」
~ Black-Scholes から BGMモデルまで ~

セミナーの特徴

  • マルチンゲール・アプローチによるデリバティブ価格理論をベースに、Black-Sholes から Libor Market Model までの主要なデリバティブのモデルについて習得できるコースです。
  • 特に金利モデルについては、実務・理論の両面に通暁した講師が、一般書籍や他のセミナー等には類をみない、親切かつ丁寧な説明を行います。
  • 前半でデリバティブ価格計算ロジックの基礎を成すマルチンゲール・アプローチと必要な確率統計理論についての説明もあり、デリバティブ・プライシング全般についても体系的な知識を学ぶことができます。
  • 理論の習得だけに終わる事がないよう、随時実務的な観点からも説明を加え、実務上のインプリメンテーションについても、効率的な計算方法などを指導します。

受講対象者

  • デリバティブ業務、リスク管理業務、金融商品開発業務等の担当者の方で、高度なデリバティブの知識を必要とされている方
  • デリバティブ評価システム等の金融システム開発担当の方
  • 金融理論研究者の方。高度なデリバティブ理論の習得を目指す方
  • 弊社専門科オプションコース、金融工学コースなどの卒業生の方

実施スケジュール

日 程/担当講師
  1. 12017年 5月12日(金) / 村上
  2. 22017年 5月26日(金) / 村上
  3. 32017年 6月 9日(金) / 村上
  4. 42017年 6月23日(金) / 村上
  5. 52017年 7月 7日(金) / 村上
  6. 62017年 7月14日(金) / 村上
  7. 72017年 8月 3日(木) / 村上
  8. 82017年 9月 1日(金) / 村上
  9. 92017年 9月15日(金) / 村上
  10. 102017年 9月28日(木) / 村上
  11. 112017年10月12日(木) /(試験)
時 間 18時00分 ~ 21時00分
定 員 25名
会 場 シグマベイスキャピタル株式会社 教室
東京都中央区日本橋茅場町2-9-8 茅場町第2平和ビル 3階
アクセス 東京メトロ 東西線・日比谷線「茅場町」駅下車 2番出口より徒歩1分
東京メトロ 日比谷線「八丁堀」駅 徒歩4分
東京メトロ 銀座線・東西線、都営地下鉄 浅草線「日本橋」駅 徒歩8分
詳しい地図はこちら(新しいウィンドウが開きます)
備考 第7回、および、第10回~第11回は木曜日に開催します。
2週連続で開催する回があります。ご注意ください。

講師

村上 秀記 横浜国立大学成長戦略研究センター客員教授 経済学博士

講師のプロフィールは、こちらをご覧ください。

カリキュラム

第1回 マルチンゲール・アプローチの概要

・オプションプライシング理論の歴史
・マルチンゲール
・無裁定の定義
・資産価格の基本定理
・マルチンゲール・アプローチの概要
・二項モデルとマルチンゲール・アプローチ

第2回 ブラウン運動と伊藤の公式

・ブラウン運動
・資産価格のモデリング
・二次変分
・伊藤の公式
・確率積分

第3回 マルチンゲール・アプローチによる Black-Sholes 式の導出

・ギルザノフの定理
・マルチンゲール表現定理
・伊藤の商の公式
・Black-Sholes 式の導出 (1)
・ニューメレールと測度の変換
・Black-Sholes 式の導出 (2)

第4回 Black-Sholes 式の拡張

・Black-Sholes 式の復習とイメージ
・フォワード価格を原資産としたBS式(Black76)
 - ペイオフの確定と支払いにラグがある場合
 - 株で連続・離散配当のある場合
 - 為替レートが原資産の場合
 - 金利が原資産の場合 Cap/Floor
・フォワードと先物の違い

第5回 エキゾチック・オプション

・オプション・ペイオフの数学的な表現
・エキゾティック・オプション各論(ペイオフ・歴史・使用法・プライシング)
・クオント・オプションの価格式導出の詳細
・バリア・オプションのヘッジの問題と価格式の導出の詳細

第6回 金利、債券の基礎概念・表記法

・色々な金利の数学的定義とその関係、表記法
・二次元表面を用いた図示
・債券をまず中心に考えることについて
・Money Market Account、Short Rate、Forward Rate
・Zero (Coupon) Yield、(Zero Coupon) Bond Price

第7回 金利スワップとスワップション

・金利スワップ
・Forward Libor Rate と Forward Swap Rate
・Libor の評価と、金利スワップの評価
・Swaption のプライシング
・金利モデルの全体像
・行列のスペクトル分解の復習

第8回 Vasicek / Hull & White モデル

・教科書的な債券価格の解析解の導出
・より実戦的な債券価格の解析解と LGM モデル
・Markov-Functional Model としての Hull-White モデル
・債券オプション(=金利キャップ・フロアー)の解析解の導出
・Semi-Analytical Lattice による高速な計算

第9回 Heath-Jarrow-Morton Model

・Framework としての HJM モデル
・債券価格のダイナミクスの導出
・無裁定条件と、 "HJM のMain Result" の導出
・Fleasaker-Hughston による HJM モデル
・他の金利モデルとの関係

第10回 Libor Market Model

・Brace, Gatarak, Musiela のオリジナルなアプローチ
・Jamshidian による Libor Market Model
・内積、ベクトル、総和、行列などを用いた色々な表現
・ドリフト項の導出
・ドリフト項の近似とシミレーション

第11回 「研究科」金利モデルコース シグマ1級検定試験

テキスト等の持ち込み不可。
ただし、事前に問題集を配布し、その中から出題。

※カリキュラム内容は一部変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

受講料

378,000円(税込)

※専門科を初めて受講される方は、入学金「10,800円(税込)」が必要となります。

【割引料金のご案内】

  • ・入学金、受講料とも、各種特典をご用意しています。
     詳しくは こちらのページ をご覧ください。
  • ・下記Web申し込みフォームから、お支払方法「クレジットカード」を選択してお申し込みいただいた方には、入学金を免除いたします。(Webお申し込み特典)

お申し込み方法

WEB申込

下記申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
(お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

「研究科」金利モデルコース お申込み

お申込みに関する注意事項

  • 定員になり次第、受け付けを終了いたします。
  • 一定の人数に達しない場合は、中止になる可能性があります。開講日の1週間前に中止の旨をご連絡しますので、ご了承ください。中止の場合、お支払方法「クレジットカード」でお申し込みの方には、受講料を返金いたします。
  • 実施日の1週間前までに、一定数以上の参加が見込まれることが開講決定の目安となります。
  • 法人のお客様の場合、お客様内部での承認や派遣者(受講者)の調整が必要等の理由で、開講日1週間前までに正式なお申込が出来ない場合には、事前にその旨をご連絡いただければ予約者としてお席を確保させていただきます。
  • お支払方法「銀行振込」でお申し込みの方には、開催確定後、入学金および受講料の請求書をお送り致しますので、開講日前日までにお支払いください。