個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

リスク管理ワークショップ by 森本祐司(キャピタスコンサルティング)

保険負債経済価値評価とALM

~ 最新規制動向から保険負債の経済価値評価(オプション/リスクマージン含む)まで ~

【開催日・全3回】 2017年6月29日(木)、7月13日(木)、7月27日(木)
【受講料】 97,200 円(税込)
※ 1日目のみ、2日目のみ、もしくは3日目のみ受講される場合56,700 円(税込)

ワークショップの特徴

保険負債を経済価値ベースで評価するという流れについては、昨今の規制および実務でも主流になりつつあり、関心の高い分野となっています。 また、保険会社のERMの高度化の観点からも極めて重要な要素といえます。

ただし、概念的に経済価値のコンセプトを理解できても、実際に保険負債をどのように経済価値評価するべきなのか、さらには保険負債の経済価値評価を活用したリスク管理・ALMはどのように考えるべきか、特に昨今のマイナス金利環境下において有用なのか、といった観点について、具体的な計算事例を用いて体系立てて理解する機会はあまり多くないのが現状ではないでしょうか。

弊社では、保険負債経済価値評価に詳しいキャピタスコンサルティングの森本祐司氏にお願いして、昨年度からこれまでに、保険負債経済価値評価およびALMについて、「現在推計⇒債券評価&フォワード評価⇒オプション評価&金利モデル(Hull-White)⇒リスクマージンの計測」の流れの中で、EXCELを活用して学ぶという2週連続(2日)のワークショップを6回開催し、多くの参加者の方にお集まりいただきました。今回は、その第7弾として、保険負債の金利モデル(Hull-White)を用いた評価と、リスクマージン計測上の課題についてまでを、EXCELを活用して演習を交えながら学ぶ、という3回連続(3日)のワークショップを企画いたしました。

こんな方におすすめ

  • 保険会社、共済、アセットマネジメント、シンクタンクなどで財務、経営企画、リスク管理/ALM、アクチュアリー、数理、商品開発、運用業務等に携わる方
  • システム会社、事業会社などで金融・財務・保険業務等に携わる方
  • 監査法人、コンサルティング会社、シンクタンクなどでリスク管理、フィナンシャルサービス業務、監査等に携わる方
  • 官公庁、独立行政法人などで理財、運用関連、保険/共済数理・計理、リスク管理、保険監督業務等に携わる方
  • CERA/アクチュアリー1次試験/証券アナリスト試験/CFP/CFA/FRM試験受験予定の方

実施スケジュール

日 程
  1. 12017年6月 29日(木) 10:30~16:00
  2. 22017年7月13日(木) 10:30~16:00
  3. 22017年7月27日(木) 10:30~16:00
※全3回
※開始時刻の30分前より、入場できます。
定 員 25名
(先着順。定員を超えた場合、お申込順で締め切らせて頂きます)
会 場 シグマベイスキャピタル株式会社 教室
東京都中央区日本橋茅場町2-9-8 茅場町第2平和ビル 3階
アクセス 東京メトロ 東西線・日比谷線「茅場町」駅下車 2番出口より徒歩1分
東京メトロ 日比谷線「八丁堀」駅 徒歩4分
東京メトロ 銀座線・東西線、都営地下鉄 浅草線「日本橋」駅 徒歩8分
詳しい地図はこちら(新しいウィンドウが開きます)

講師

講師写真

森本 祐司

キャピタスコンサルティング 代表取締役
東京海上日動あんしん生命保険 取締役

東京海上火災保険にて資産配分、ALM、リスク管理等の業務に従事。1998年には日本銀行金融研究所において金融工学関連の研究を行う。その後複数の外資系投資銀行を経て、2007年1月にキャピタスコンサルティングを設立。保険会社や銀行のリスク管理に関するアドバイス業務に長年従事。

東京大学大学院経済学研究科非常勤講師
東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科客員教授
日本アクチュアリー会準会員、日本証券アナリスト協会検定会員
日本保険・年金リスク学会(JARIP)理事、ASTIN(国際アクチュアリー会下学術組織)委員
東京リスクマネジャー懇談会共同代表

books

主な著書

・ゼロからわかる金融リスク管理(共著、金融財政事情研究会)
・【全体最適】の保険ALM(共著、金融財政事情研究会)
・【全体最適】の銀行ALM(共著、金融財政事情研究会)
・金融リスクマネジメントバイブル(共著、金融財政事情研究会)

カリキュラム

第1回 経済価値の基礎と伝統的保険負債評価

1-1.経済価値ベースの基礎
(1)経済価値とは何か
(2)経済価値で考えることの有用性
(3)経済価値と会計価値について
(4)ERMと経済価値について
1-2.関連する規制の流れ
(1)保険監督者国際機構のICS(保険資本基準)
(2)その他関連する動向
1-3.伝統的保険負債評価
(1)伝統的保険数理の考え方
(2)純保険料・責任準備金の計算
1-4.金利について
(1)市場金利評価
(2)インプライド・フォワード・レートについて
(3)UFRとは何か
(4)イールドカーブ調整とは何か

第2回 保険負債経済価値評価-期待現在価値とリスクマージン

2-1.保険負債の経済価値評価1:期待現在価値(除くオプション・保証)
(1)保険負債期待現在価値による保険料と責任準備金
(2)保険負債に内在するフォワード性について
2-2.保険負債の経済価値評価2:リスクマージン
(1)リスクマージンとは何か
(2)保険料算出原理について
(3)資本コスト法について
(4)資本コスト法の計算事例
2-3.オプション・保証価値評価の準備
(1)保険負債に内在するオプション・保証とは
(2)オプション評価の基本的な考え方

第3回 保険負債経済価値評価-オプション・保証

3-1.1ファクター・ハル・ホワイト・モデルによる計測
(1)ハル・ホワイトモデルの概要
(2)ハル・ホワイト・ツリーモデルの導入
(3)解約オプションに関する計算演習
3-2.実務上のオプション評価の留意点
(1)カリブレーション
(2)シミュレーション
3-3.エンベディッド・バリューと経済価値評価
(1)エンベディッド・バリューとは
(2)経済価値評価との整合性について
3-4.全体のまとめ・質疑応答

※カリキュラム内容は一部変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ワークブック

講義資料

  • ・カリキュラム内容をカバーしたパワーポイント資料とExcel資料を当日配布します。
  • ・カリキュラム内容をカバーしたExcel資料を当日配布します(使用したEXCELはUSBメモリーでお持ち帰りいただけます。)。

参考サイト

参考書籍

  • ・森本祐司(共著)『ゼロからわかる金融リスク管理』(金融財政事情研究会)
  • ・森本祐司(共著)『【全体最適】の保険ALM』(金融財政事情研究会)

関連ワークショップ

  • リスク管理WS(田渕 直也)「Excelデリバティブのすべて Plus」
  • 関連講座

  • 2017年アクチュアリー1次 生保数理 基本コース
  • 2017年アクチュアリー1次 損保数理 基本コース
  • 受講料

    97,200 円(税込)

    <単日受講のご案内>
    本ワークショップは「1日目のみ」「2日目のみ」「3日目のみ」の受講ができます。
    この場合は56,700 円(税込)となります。

    【割引料金のご案内】(3日間受講の場合のみ)

    • ・同一法人から2名以上同時にお申込み頂いた場合、1名あたりの受講料は2割引である「77,760円(税込)」とさせていただきます。
    • ※備考欄に同時申込者の氏名をご記入の上、送信してください。
    • ※単日受講の場合は割引適用外です。

    お申し込み方法

    WEB申込

    下記申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
    (お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
    送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

    セミナー お申込み

    保険負債経済価値評価とALM 
    申し込み

    単日受講される方 お申込み

    1日目のみ受講 お申込み
    2日目のみ受講 お申込み
    3日目のみ受講 お申込み

    お申込みに関する注意事項


    お申込みに関するお問合せ

     電話番号:03-3665-8191