個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

●日本FP協会 継続教育対象講座●  相場の知恵の結晶、奥深いテクニカル分析を基礎から学ぶ!
 【eラーニング】テクニカル分析 初級コース

PR

コーポレートファイナンス用語辞典

サスティナブル成長率

持続可能な成長率をサステイナブル(sustainable)成長率という。
最近では,経済活動や社会活動において持続可能性が議論されるなど,世の中のキーワードになってきた感がある。コーポレートファイナンスやバリュエーションの分野では,いち早くサステイナブル成長率を定義し,定量化してきた。企業活動におけるサステイナブル成長率は,外部資金調達を行わずに,内部投資のみで実現できる成長率である。企業の成長を支えるのは,内部に再投資した資本が生み出す利益やキャッシュフローである。サステイナブル成長率は,下記数式で与えられる。

equation

下表の数値例を用いてサステイナブル成長率について説明しよう。
毎期の資本利益率を 10% ,利益のうち内部に再投資する内部留保率を 40% とする。毎期の投下資本は,内部留保の分だけ増加する。投資家に支払われる配当の割合(配当性向)は 60% である。このとき,サステイナブル成長率は 4%(=10%×40%) となる。表からわかるように,投下資本,利益,配当,内部留保はすべて 4% で成長している。企業の成長の源泉は,再投資がもたらす追加的な利益であることが分かる。

DCF法により企業価値評価や株式評価を行う際,定率成長モデルを適用することがある。この場合の成長率には,サステイナブル成長率を用いることが多い。

(表)サステイナブル成長率の数値例
figure

「コーポレートファイナンス用語辞典」目次にもどる

著作権・免責事項

  • 「やさしい金融エンジニアリング講座」(以下、本解説集)の文章、図表などの著作権は、シグマベイスキャピタル株式会社に帰属しますので、複製・転載・引用・配布などは一切禁止します。
  • 本解説集の利用により生じた損害はいかなる理由であれ、一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。
  • 本解説集は、予告なしに内容が変更・削除等されることがあります。
  • 内容に対するご質問にはお答えすることはできませんので、ご了承下さい。

● 2017年合格目標 ● 4月 9日(日)から、模擬試験あり
「アクチュアリー」を目指す会計士のためのファイナンス入門講座