個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

●日本FP協会 継続教育対象講座● 債券営業・債券投資の必須知識をeラーニングで!
ざまざまな種類や付与条件に加え、特別な「仕組み」を持つ仕組債についても解説。
 【eラーニング】債券銘柄の選び方 初級コース

PR

金融エンジニアリング キーワード解説

無裁定理論

金融商品の理論価格、とくに金融派生商品の理論価格算出の基本となる考え方で「金融商品の価格は裁定取引を許さないようなものでなくてはならない」という考え方を言う。

裁定取引は、基本的に不合理な取引であり、裁定取引が現実に市場で可能になると、実際にそれが行われ、市場は裁定取引ができない状態へ速やかに収束していくことが観察される。よって、派生商品の価格を理論的に考える場合などは、裁定取引ができないような価格として考えよう、というのが無裁定理論の基本的な考え方である。

派生商品の価格などを考えるときに何故この理論が使えるかというと、派生商品というものは基本的に原資産との関係で価格、あるいはキャッシュ・フローが決まる資産であり、一般に原資産とその他の金利系の資産等を組合わせて保有することにより複製(実質的に同じもの)が可能と考えられるからである。裁定取引は原理的に言って、2つの資産の組合わせとして行われるので、基本的にこれが可能になるためには、将来同じキャッシュ・フローを生む現在価値の異なる資産、あるいは現在価値が同じで将来の同一時点で異なるキャッシュ・フローが確実に発生する資産が必要になる。

派生商品の上記のような性質から、複製ポートフォリオとの間でこのような裁定取引のスキームを考えることができ、よってその現在価値は複製ポートフォリオの価値と一致しなければならない、という考え方が適用できることになる。

それに対して、通常の金融資産、例えば株式などは、(その株式を原資産とする派生商品を使わないとすれば)それと同じキャッシュ・フローを生む複製ポートフォリオを考えることは難しい。よってプライシング原理として無裁定理論は基本的に使いにくいわけである。

関連項目
  裁定取引

「金融エンジニアリング キーワード解説」一覧にもどる

著作権・免責事項

  • 「やさしい金融エンジニアリング講座」(以下、本解説集)の文章、図表などの著作権は、シグマベイスキャピタル株式会社に帰属しますので、複製・転載・引用・配布などは一切禁止します。
  • 本解説集の利用により生じた損害はいかなる理由であれ、一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。
  • 本解説集は、予告なしに内容が変更・削除等されることがあります。
  • 内容に対するご質問にはお答えすることはできませんので、ご了承下さい。

ネイティブ講師によるCD付属で、英文マーケットニュースが理解できる
 【eラーニング】英語で学ぶ金融基礎知識コース

PR