個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

【通信制スクール】オプションコース

★いつでも・どこでも・何度でも! シグマ最高峰の授業をあなたのペースで。

【通信制スクール】オプションコースの特徴

シグマインベストメントスクールでは、金融の最先端が学べる「専門科」プログラムのうちご要望が多いコースについて、eラーニングを使ってあなたのPC・スマホで受講できる「通信制スクール」を開始します。

本コースでは、「オプションコース」の白熱した講義の臨場感を余すところなく再現。エクセルを活用した豊富な演習が出来るほか、当スクール最高レベルの検定試験にも挑戦することが出来ます。

  • 前半はオプション理論の基本としてブラックショールズ式をしっかりと学び、その後実務的な視点を取り入れたモデルの拡張やリスク管理上重要なGreeksを学びます。後半では、ブラックショールズの理論の実務的な問題などを議論し、実務的にも重要な局所ボラティリティモデルや確率ボラティリティモデルへ拡張し、エキゾチックオプションのリスク管理なども無理なく学べるカリキュラムとしています。
  • 全10回で株式や通貨オプションおよびエキゾチックオプションについてのリスク管理や理論をかなり実践的に学べるコースといたしました。ミドル部門向けの価格理論やリスク管理のみでなく、実際にトレーディングを行いリスク管理をしているフロントの方や仕組債などのオプション内包型金融商品にかかわる方にも有効な実務的な解説を充実させています。
  • 理解を促すため、実データを使ったケーススタディやパソコン演習も行います。 データをダウンロードすることにより、あなたのパソコンで演習が出来ます。

受講対象者

  • ディーラー、ファンド・マネージャー
  • リスク管理担当者、金融商品開発担当者
  • 企画財務担当者
  • コンピュータ・システム設計者
  • 金融理論を研究している方
  • 公認会計士
  • 今後、上記を目指す方
  • 下記の前提知識をお持ちの方

本コースをご受講いただくための前提知識

本コースのご受講には、数学の知識および学習経験が必要です。具体的には以下の内容を学習したことがある方を対象にしています。

第2回講義の中で数学補足(PDFダウンロード可)を行っていますので、講義と合わせてご利用いただけます。また、第4回講義では参考書籍をご紹介していますので、必要に応じて復習されることをお薦めします。

・連立方程式
・微分・積分の初歩的な知識
・テイラー展開
・自然対数、指数の計算
・確率と期待値の考え方
・正規分布の性質、中心極限定理
・微分方程式
・確率微分方程式
・ブラウン運動(Wiener Process)と幾何ブラウン運動
・確率過程

当スクールの以下の講座を受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方は、本コースをスムーズにご受講できると考えています。

教材内容

講義風景   講義風景

提供方法 講 義   eラーニング
テキスト  郵送
検定試験  郵送(解答用紙、関連資料同封)

eラーニングシステムの動作環境 はこちらをご覧ください。
※講義資料はPDF形式でダウンロード可能。
※演習データはExcel(*.xlsm, *.xlsx)形式でダウンロード可能。
 Microsoft Excel 2010で動作確認を行っています。
受講期間 原則として、6か月
※検定試験は「通学制スクール」同コースの開講時期と合わせて実施します。
教材構成 講 義   動画 (全10回、収録時間 約26時間)
テキスト  1冊
講義資料  10回分(講義スライド、Excelファイル)
検定試験  1回分(記述式)
修了基準 定められた期間内に検定試験を受験し、合格基準を満たすこと。
※検定試験の合格基準は「通学制スクール」に準じます(70点以上)。

カリキュラム

【第1回~第5回】 基礎理論編

第1回 オプションの基本的な考え方、制約条件と裁定

・金融基礎数理
・アービトラージとは
・各種資産の相互複製(各資産の基本的な関係)
・裁定条件によるオプションの価格範囲
・オプション・ストラテジーと裁定条件

第2回 数学的な補足、ブラウン運動の導入

・期待値と分散について
・正規分布と対数正規分布
・中心極限定理
・ブラウン運動の導入確率分布による表現
・原資産の推移について
・補足資料「金融で使う微分・積分の基礎」

第3回 原資産の推移モデルと二項モデル、リスク中立確率の導入

・原資産の従う確率過程
・確率微分方程式の意味
・確率微分方程式による表現
・伊藤の公式
・1期間2項モデルの考え方
・リスク中立確率の導入

第4回 Black=Scholes 式

・2項モデル演習
・測度変換と Risk-neutral Pricing
・Risk-neutral Pricing 手法(Black=Scholes 式の導出)
 - 解析解の導出
 - モンテカルロ・シミュレーション
・Black=Scholes 式と Binary オプション
・補足資料「ここまでのまとめ」「伊藤の公式補足」「参考書籍紹介」

第5回 通貨オプションのモデル、Black76、Greeks(リスク管理)

・通貨オプション:ガーマンコヘーゲン式の紹介
・フォワードを原資産とした Black=Scholes 式(Black76)
・Greeks、デルタ、ガンマ、ベガ、セータ、ロー
・(BS式の偏微分として)Greeks の導出
・Greeks による基本的なリスクの把握、ダイナミックヘッジ
・高次のリスク指標(Vanna, Volga)の意味

【第6回~第10回】 実務・応用編

第6回 エクセルVBAを用いたBSモデルの実装

・エクセルVBAについての解説
・VBAを用いたオプション価格計算
・モンテカルロシミュレーション
・ツリーモデル
・グリークスの算出およびリスクマネージメント

第7回 ボラティリティ分析

・ヒストリカルボラティリティの推定方法
・GARCHモデル
・オプション価格からのBSインプライドボラティリティ算出方法(VBA利用)
・ボラティリティサーフィス
・VIX

第8回 BSモデルの限界と拡張モデル

・ボラティリティスマイル
・DVFモデル
・局所ボラティリティモデル
・確率ボラティリティモデル
・実際のマーケットデータを用いた各モデルのパラメータ推定(VBA利用)

第9回 エキゾチックオプション

・バリアーオプション
・クオントオプション
・デジタルオプション
・VBAを用いたバリアオプションの価格評価とリスクマネージメント

第10回 オプション取引を活用した取引および商品例

・プレインバニラオプションを用いたヘッジ戦略
・プレインバニラオプションを用いた投資戦略
・エキゾチックオプションを用いたヘッジ戦略
・エキゾチックオプションを用いた投資戦略
・オプション取引を利用した仕組債および仕組預金の組成

オプションコース シグマ1級検定試験

受講開始から一定期間経過後、弊社より試験問題および関連資料をお送りします。
定められた期間内にご回答いただき、弊社までご返送ください。
採点してお返しするとともに、合格された方には「修了証」をお送りします。

受講料

388,800円(税込)

※入学金は不要です。

お申し込み方法

WEB申込

下記申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
(お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

【通信制スクール】
オプションコース お申込み

お申込みに関する注意事項

  • お申し込みの前に、「本コースをご受講いただくための前提知識」(数学の知識・経験など)を満たすことをご確認ください。
  • eラーニングおよびExcel演習をご利用いただくための環境は、ご自身でご用意いただく必要があります。
  • 受講者の休学、受講期間の延長、他の方への受講の引継ぎは一切認めておりませんので、ご了承ください。
  • ご利用のPC・スマートフォン環境で動作しない場合は受講の取り消しを申し受けます。その場合は、受講証到着日より8日以内(厳守)に教育開発部までその旨ご連絡ください。また、受講取り消しの場合、テキスト等郵送物は弊社までご返送ください。